佐藤琢磨 インデイ500優勝

 本当に信じられない。まさかの快挙。よくやった!

 F1でのシートを2008年で喪失し、その後、2010年からアメリカのインデイカー・シリーズに参戦していた。日本人として初のポールボジション(予選1位)と優勝は記録していたが、まさかのインデイ500という大舞台でやってくれた。

 彼については、賛否両論あり、非常に評価が難しいが、私は大好きだ。しかし、彼は予選がいいときに結構何かミス(クラッシュ)を犯すことが多く、今回も予選4位と好調であったものの、いや、だからかもしれないが、決勝にはさほど期待はしていなかった。

 彼は、CMや対談等で見せる知的な話し方・考え方から想像できない走りをする。つまり、ガンガン攻めるのだ。たとえ、たまにクラッシュしたとしても。

 「もったいない。」と思う走りもしばしば。「おとなしく走っていれば、上位入賞間違いないのに」と思わずにはいられないレースが多かった。彼は、「さらに上。優勝を!」目指して無理してしまうんだな。

 もちろん、彼には優秀な実績もある。先のインデイでの実績に加え、イギリスF3王者、マカオF3優勝、F1表彰台(3位)、弱小チームであるスーパーアグリF1チームでの入賞、などなど。

 しかし、彼には、「もったいない」と思わせるレースが多いのだ。そもそも遅い奴には期待もしないから、彼が速い証明でもあるのだが。

 彼は、実はカーレースを始める19歳以前の話が凄いのだが、ここではとても語り切れないので割愛します。

 彼には、自分の夢を追うひたむきさがある。一生懸命な人に対しては、応援したくなるものだ。

 私が嫌いな人間は、「ひたむきな自分に酔ってる人」だ。真剣なフリして、実は自分を観てくれているギャラリーを必要としてる。実に醜い。

 琢磨には、それがない。だから、多くの人が祝福し応援するのだ。

 ちなみに、この記事のカテゴリーは「F1」だ。どうしても、私は彼を「F1」というくくりで話したい。彼のF1時代には熱狂させられたから。

 最後に、実はインデイ500は生で見ていた。直前にCS契約して。優勝だったときは5月29日月曜日朝6時前。アクセス稼ぐにはもってこいの事件だ。書く時間もあった。とりあえず、軽く書けば、一見のアクセスは期待できる。

 が、やめた。彼の快挙に比べ、自分のセコさときたら。急に自分の考えがくだらなくなって、書くのやめた。

 まあ、それだけのことなんだが、あんまり計算高く行動するのはやめようと思った。琢磨はやはり、人を感動させ、人を動かす力があるね。おめでとう!

閲覧数

 この5月に公開設定にして、それからというもの、毎日アクセス分析から閲覧数を何度も確認してしまう。

 閲覧数があろうとなかろうと、自分の生活に何ら変化はないのだが、昨日に比べて凄く少ないと、「何かおかしなこと書いたかな?」と、何度もブログ見てみたりして。

 マズローの承認要求ですかね。他人に自分を認められたい。よっぽど今の自分に自信がないのか。何か肯定してもらいたいのか。

 とにかく、閲覧数があると、励みになる。「誰かが読んでいる。」と思うと、更新する、いや、しなければという思いになる。

 似たような話で、最近あった仕事の話。

 自分の手掛けまとめたプロジェクトが、他部署の反対にあって、潰されかけている。ふざけんなと。俺は自分の部署を代表してんだ。

 全体会議で潰されかけたが、持ち帰り、後日、反対した部署に直談判に行く。俺の部署全体で決定し、俺が代表となりまとめた案を、上下関係で上から否定されただけで引き下がれない。俺は偉くないのだが、引き下がらん。

 なんでこんなに熱くなっているかと分析したが、やはり、自分が時間掛けたものを無駄にしたくない思いが強いんだろう。

 きっと、ブログの閲覧数気にするのも、同じような気持ちなんだろう。違うか。

 さて、上手い下手はともかく、ブログ記事をあげること自体は慣れた。あとは、写真などを貼ったりするだな。

 写真は各種データを削除してから貼りたいので、研究中。そういえば、表示形式をスマホ版は何ともさみしい表示形式になっていたところを、PC版と同じ様に表示されるよう設定変更したら、見栄えはよくなった。

 が、偶然かもしれないが、変更したとたんに閲覧数減ったので、何か原因があるのか考えたりして。

 それはさておき、こんな雑記書いていても、読んだ人は何の得もないので、そろそろ見る者に有益な感じになるブログを模索していこうと思う。色々アイデアはあるが、またよく吟味してからだな。

 ちなみに、5月中旬から公開して、いま27日で170pv。いいのか悪いのか。

運転が上手

 車の運転について、上手い人と下手な人の違いは、「上手い運転をイメージできているかどうか」だと思う。つまり、「俺はこう運転したいんだ!」という考えがなければ、ただ運転してるだけになり、結果、上手い運転にはなっていない。

 何も考えず、ナチュラルに運転が上手い人もいるかもしれないが、それは数多くの反復練習(沢山運転した)の賜物であり、上手い運転の仕方がイメージできているのだろう。

 なぜ、こんな話をしたかといいますと、知人とレンタルカートに行こうという話を今日したから。

 カートで、いかに速く走るか考えて、ちょっと運転について考えたから。

 そもそも、カーレースにおいて、「速い人」と「上手い人」は違う。レースにおいて、マシンを壊さない程度のテクニックをもっている前提での話をするが、レースでは速さが一番重要なので、速い人はいい。

 速くて下手な人は、練習すれば上手くなる。シフトミスしたりクラッシュしたりと運転が下手でも、練習すれば上手くなる。技術が向上する。そして、速くて上手い人になる。

 問題?は、運転が上手くても、遅い人だ。

 遅くて上手い人は伸びしろがない。なんてったって、もともと運転が上手いんだから。練習してもちょっぴり上手くなるだけ。速くはならない。

 要するに、速さはセンスであり、才能だということ。

 基本的には、遅い奴は速くはならない。

 練習したら、ある程度は速くなるけど、やっと周りのスピードに並んだだけ。レースで食っていけるレベルにはならない。

 (スプリント)レースは、速さが絶対。タイムだけが真実。

 まあ、コースレイアウト見て、ラインなど考えたり、路面のグリップレベルなど考慮して、イメージトレーニングする必要があるから、考える力も必要かな。

 実は、私はどこのレンタルカートに乗っても、最初からある程度速い。コースレコードとかには全く及ばないけど、自分でもなぜ速いか、理由は分からない。

 だから、自惚れて、「俺には才能がある」と思っている。だって才能だもの。センスだもの。誰だって少しは得意な分野あるよね。私の場合は運転だと。

 全くもって、とりとめのない話をしてしまった。いつか削除するだろうな。

 

まんぱく 2017 立川2

 また、行ってしまった。まんぱく。

 お祭りみたいなもんだから、高くても味がよくわからなくても行ってしまう。

 友人たちと、手分けして食い物などを買う。1人は席取りのお留守番。あとはみんなで肉担当、ポテト担当と振り分け、散る。

 自分の食いぶちの他に、1000円程度みんなの分と。すごい並んでいる店には行かず、類似品で納得すると。

 曙町バス停近くのコンビニで、ビール買って持ち込む人もいるけど、いくら節約できる?もう、まんぱく自体がファッションだから、現地で冷たいの買っていいんじゃないかと思いますが、まあ人それぞれ。

 女性も連れていったのだが、女子トイレが15個くらいあって、並ばずに済むのが良かった。トイレ気にしていたら、楽しめないものね。

 子供用の便座もあったりして、子供連れにも配慮してるし。

 そういえば、喫煙所がしっかり整備されていて、そこでラークのお姉さんが、試供品でラーク1箱くれる。メンソール吸ってると言ったら、ラークのメンソールもらって、得した気分。なんか、持ってるタバコの箱のバーコードをスキャンしていたけど、嗜好調査だろうな。

 またもらおうと行ったら、19時頃にはお姉さんいなかった。残念。早めがお得か?

 一度は行ってみてもいいイベントかと思います。